Cafe & Bar ROCO
書きたいことを徒然なるままに…
プロフィール

龍野ゆうき

Author:龍野ゆうき
複数の小説サイトで執筆活動をしています。こちらでは小説の番外編や小ネタなどを置いています。創作意欲の発散場所。または、ネタ帳とも言う。(笑)


最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

哀れな生け贄 後編
『哀れな生け贄 中編』の続き

【ツインクロス】番外編
[登場人物]冬樹(夏樹)、雅耶、長瀬、力
エンディング前。(夏休み明け位)




「とりあえず、これは没収な?」

冬樹が冷たい視線を送りながら力に言った。
「えっ?ちょっ…待っ」
思わず名残惜しそうに伸ばして来た力の手を無情にも冬樹が払い落とす。
「…これ以外には流石にもうないよな?」
「あっああ。うんっ、そう。コレだけだっ。コレだけっ」
慌てて取り繕うように返事をする力の様子に。
「……何か怪しい…」
冬樹は眼を光らせた。
その時、ドキリとした力が咄嗟に制服のポケット部分を押さえるような手の動きをしたのを冬樹は見逃さなかった。

「…そこにまだあるのか?」
「ヒィッ!」

殆ど『蛇に睨まれた蛙』状態である。
結局、その他に持っていた写真も没収され、力は計4枚の冬樹の写真を取り上げられてしまった。

そんな様子を横で見ていた雅耶と長瀬は、若干顔を引きつらせつつも素知らぬふりをしていた。

(哀れ、神岡…。だが、神岡が持ってた写真は俺は直接関係ないもんね。だから問題ナッシングだし)
もし問い詰められてもシラを切れる自信もある。
長瀬は力のフォローをする気など毛頭なかった。

雅耶はというと、長瀬に売りつけられたとはいえ自分も同じ物を持っている手前、冬樹(夏樹)に申し訳ないというか、立場がなかったのだが。
何とも落ち着かない気持ちでいるものの、写真は家に大切にしまってあるし、今ここで自分がそれを暴露する気は更々なかった。
(…っていうか、今のこの状況で言えないだろっ。夏樹に軽蔑されたくないし…)

そう、二人とも我関せずを貫くつもりだ。

「こんなの一体いつの間に撮ったんだろ…。ブロマイドってそんなに普通に出回ってるものなのか?オレ聞いたこともなかったけど…。これって普通に駄目なヤツだろ」
力から奪った写真をげんなりしながら見ている冬樹に。
「ホントだよねー。だけど神岡みたいなヤツがいるから、こーいうのがなくならずに続いていくのかもねぇ。買う奴の顔が見たいよ、俺は」

ちゃっかり調子の良いことを言う長瀬に。
雅耶は、冬樹から見えない位置で長瀬に肘鉄を食らわせたのだった。




前中後と長々と書いたわりには、エラく尻切れっていう。(笑)
書き出した当初、どうやって〆ようとしてたか忘れちゃった。
あああ…すみません~。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する