Cafe & Bar ROCO
書きたいことを徒然なるままに…
プロフィール

龍野ゆうき

Author:龍野ゆうき
複数の小説サイトで執筆活動をしています。こちらでは小説の番外編や小ネタなどを置いています。創作意欲の発散場所。または、ネタ帳とも言う。(笑)


最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

刹那の憎悪 FINAL ‐後編‐
続・刹那の憎悪の続編(FINAL‐前編‐の続き)

【ツインクロス】【プリズム!】後日談。番外編
[登場人物]夏樹、唯花




「あなた、久賀くんの何?もしかして後から出てきて、すっかり彼女気取りなの?」

唯花が発したその言葉には、すごく棘があって。
『面白くない』という感情を隠すことなく瞳に表していて。
彼女がまだ雅耶のことを好きなんだということを理解した。

二人がいつ、どんな別れ方をしたのか自分は知らない。
雅耶は「自分の気持ちに正直になっただけ」と言っていたけれど。

(唯花ちゃんは、納得…してないんだ…)

その想いをぶつける相手に、見も知らぬ『夏樹』を選んでしまう程。


「あなたは知らないかもしれないけど、私と久賀くんは付き合っていたのよ。いつも一緒に帰って、色々な話をして…」

知ってる。
そんな二人を自分はいつも近くで見ていたから。

「久賀くんの好きなものの話。家族のこと、仲の良い友人のこと。幼なじみの野崎くんのこと…。沢山教えて貰ったわ。でも彼は、あなたの話なんか一度もしなかった。彼の中に、あなたの存在そのものがなかったのよ。なのに今頃出て来て何なの?図々しいのよっ」

唯花は、夏樹の制服の襟元をギッと握り掴むと、後ろの壁へとその身体を力任せに押し付けた。
「……っ…」
女性のわりに意外に強い力に押され、夏樹はコンクリートの壁に軽く背を打ち付けてしまった。


明らかな『嫉妬』。
本来なら、こんな仕打ちを受けるいわれは自分にはない筈だ。
(…だけど…)
夏樹は唯花の行動に驚きはするものの、怒り等の感情は浮かんでこなかった。

雅耶のことが好きだという気持ち。
そこから生まれる嫉妬心。
それを隠すことなく表せる、そんな彼女を羨ましくさえ思う。
こんな気持ちは、彼女からしてみれば「馬鹿にしている」と取られてしまうかも知れない。
けれど、自分はそんな風に素直に想いのままに行動することが出来ないから…。


「何なの?その取り澄ました顔。この状況でまだ余裕ぶってるつもり?…ホントにムカつく女ね」

そう言うと、唯花は何処からか小さなカミソリの刃を取り出した。
「その綺麗な顔に傷を付けてあげましょうか?二度と久賀くんの前に出て行けないくらい…」
唯花は、それを人差し指と中指の間に挟み込むと夏樹の首元へと近付けようとする。

だが、夏樹はその腕を咄嗟に掴んでそれを制した。
「なっ…!!」
思いのほか強い力で握られ、唯花は動揺を見せる。

「何よあんたッ。気やすく触るんじゃないわよっ!離しなさいよっ!」
ぐいぐい腕を引こうとするが、びくともしない。
表情を変えない夏樹の瞳が、唯花を静かに見つめている。
「こ…のっ、馬鹿力っ!」
焦りだした唯花に、夏樹は静かに口を開いた。

「駄目だよ。唯花ちゃん…」
「なっ…?」
「そんなもの、使っちゃ駄目だ」

夏樹は掴んでいない方の手で、そっと唯花の持っているカミソリの刃を奪うと遠くへ放り投げた。

カシャーーン…という、音が室内に響き渡る。


「あんた…何で、私の名前…」

自分は目の前のこの女に名前を名乗ってはいない筈だ。
それに、この声には聞き覚えがあった。
見た目の可憐な少女には若干似つかわしくない、その中性的な低めの透る声。
そして、自分を静かに見つめる涼し気な、まっすぐな瞳。

それは、彼の大切な幼なじみだという少年のそれに似すぎていた。
一度、自分も数人の男たちに絡まれた時、助けて貰った彼のものに。
あの時も、自分に対して振り上げられた男の腕をこうして掴んで、静かに諭すような瞳をしていて…。

双子だから似ているのか…とも思ったが、違うと。
心のどこかで自分の勘がそう告げていた。

「あ…あなた…っ…」

動揺を隠しきれず、知らず震えてしまう声。
それを全て汲み取るように、目の前の人物は僅かに眉を下げた。

「ごめんね、唯花ちゃん…」

『詳しくは言えないけれど…』それらの言葉を飲み込んで。
瞳と声だけで自分が以前の『冬樹』であることを隠さずに表す。

「でも、キミが『夏樹』なんかの為にそんな風に手を汚しちゃ駄目だ」
「あ…っ…」

『夏樹』というのが、今目の前にいる少女の名なのだろう。
だが、明らかにそれは自分の知っている『冬樹』そのものだった。

「キミと雅耶に何があったのか…オレには分からないけど…。キミと別れるなんて雅耶は女の子を見る目がないなって…。ずっと、そう思っていたよ」
「……っ…」

あの時の少年の瞳でそう語る目の前の人物は、それ以上は語らず、寂し気に微笑むと。
呆然と佇んでいる唯花の横を通り抜け、ゆっくり出口へと歩きだした。

何故、あの時の少年『冬樹』が現在、少女の姿をしているのか。
唯花がどう考えても答えが出ることはなかったけれど…。
その寂し気な背中に、唯花はそれ以上声を掛けることが出来なかった。




超!久々の更新です。(汗)
連載小説が先日完結したので、やっとこちらを書くパワーが。(笑)
久し振りに『ツインクロス』の世界を書けて楽しかったです♪



スポンサーサイト
刹那の憎悪 FINAL ‐前編‐
続・刹那の憎悪の続編

【ツインクロス】【プリズム!】後日談。番外編
[登場人物]夏樹、唯花





突然、数人の男達に囲まれて連れて来られた薄暗い廃ビル。
こんな所に自分を連れて来いと指図した女はいったい誰なんだろう?
夏樹には、全く心当たりがなかった。

ボス的存在の奴がその女を呼びに一旦その場から離れていく。
奥へと入って行くその男の背を見送りながら夏樹は考えを巡らせていた。

(いったい、どんな奴が来るんだろう。想像もつかない…)

周囲を取り囲んでいる男達は夏樹からは一定の距離を保ち、何も仕掛けて来なかったのでとりあえず様子を見ながら静かに待った。
すると…。
先程のゴツイ男を従えるようにして奥から出てきたのは――…。

(え…?唯花…ちゃん…?)

以前、雅耶と付き合っていた女の子…唯花だった。
(何で、唯花ちゃんが…?)
驚き固まっている夏樹に唯花は数歩近付くと、腕を組んで立ち止まりクスリ…と笑った。
「本当にけろっとしてるのね。キモの据わった可愛げのないオンナね…」

「何で…」
それは、どんなに鈍感な者でもきっと解る程の『敵意』。

「あなた、野崎くんの妹さん?でしょう?」
「………」

(…そうか。私は今『夏樹』なんだった。唯花ちゃんとは直接面識もない筈なんだ…)
彼女と出会ったのは、まだ自分が『冬樹』であり、成蘭高校に通っていた頃のことだ。
だが、それなら尚更何故自分をこんな所に連れてくるのだろう?

…分からない…。

唯花は「二人だけで話したい」と言うと、周囲にいた男達を部屋の外へと出させた。
その部屋には出入り口は一つしかない。
その出口前で待ってると、先程のボスらしき男が唯花に言って出て行った。

そうして、薄暗い部屋に二人だけが残される。
(…なにが、目的なんだろう)
何処か前に会った時と雰囲気の違いすぎる唯花に夏樹は警戒していた。
すると、唯花がゆっくりと口を開いた。

「久賀くん、元気?」
「…えっ?」

思わぬ人の名前が出てきて戸惑う。
「ふふ…実は、この前…私久賀くんとあなたが歩いているところを偶然見掛けたのよ」
「………」
「仲良さそうに楽しそうに歩いてた。あなた野崎くんの妹さんよね?ってことは久賀くんと幼なじみってことよね?…仲良いハズだわ」
最後の部分を吐き捨てるように言うと、ギッ…っと睨み付けてくる。
「あなた、久賀くんの何?もしかして後から出てきて、すっかり彼女気取りなの?」

(ああ、そうか…)

夏樹は察した。
(唯花ちゃんは、まだ雅耶のことが好きなんだ…)




超!久々の更新です。(汗)
とりあえず前編。



『宣戦布告』
『月だけが知っている(前・中・後)』の続編
【プリズム!】パラレル?、没案?
[登場人物]直純、雅耶、仁志



「先生。お話があります」
「ん?どうした、雅耶?そんな改まって」

このところ、この店に良く顔を出している雅耶だが、今日は例のミーティングではなく一人だ。
思いのほか真面目な顔で目の前のカウンターに座っている彼の、その顔はどこか怒気を含んでいるようなピリピリした雰囲気を纏っていた。
そう、まるで空手の試合前の時のような気迫さえ感じる、真剣な眼差し。

「俺、見ちゃったんです」
僅かに視線を落とすと、雅耶がポツリと話し始めた。
「…何を?」
「こないだ…。夏樹が仕事を早く上がった日…」
そう言って、再び視線を上げた雅耶と直純は目が合った。

「先生と…夏樹が抱き合っているのを…」
「………」

今日、夏樹は休みだ。
あの日以来、調子を崩している夏樹に直純は少し休暇を与えた。
本人はやる気があると言っていたのだが、あまり無理をさせたくなかった。
彼女は頑張り過ぎるのだ。
辛いときは、まるで自分を痛めつけることでそれを乗り切ろうとするかのような危なげなところがある。
直純は、そんな夏樹をどうしても放っておけなかった。

カウンター越しで睨み合うように対峙している二人の横で、仁志は何食わぬ顔でコーヒーを入れると、先程オーダーの入ったブレンドコーヒーを「お待たせしました」と、雅耶の前へと置いた。
仁志的には、この二人の話に特に触れるつもりはない。
直純は直純で、しっかり意思を持っての行動だと思っているし、夏樹を思う気持ちも直純と同じではないがそれなりに自分も彼女を心配していた。そこに深い意味はないが、直純の気持ちも分からなくはないのだ。
だから、自分はあくまでも中立…というよりは、店側のマナーとして聞かない振りを決め込んでいた。

「…それで?」
不意に見つめあっていた視線を和らげると、直純が聞き返した。
「お前は、どうしたいんだ?」
直純の表情は柔らかかったが、だが有無を言わせぬ、どこか雅耶の出方を見極めているかのようなそんな瞳をして言った。
「先生…」
「不満を持ったのか?『俺の夏樹に手を出すな』ってか?」
「………」
「それとも、ただ確かめたかっただけか?ただ確かめたかったのなら、事実に違いないよ。抱き合っていた…というのは少し語弊があるが、泣いていた夏樹を慰めたのは事実だ」
「………」
「何で夏樹が泣いていたか、お前は知ってるか?何故あいつがこのところ調子を崩していたのかも?」
「…なぜ…」
雅耶は分かっていないのか、視線を落とすと何か思いを巡らせているようだった。
「分からないようじゃ、お前には夏樹を任せられないな」
「……っ…!?」



…とかって話を書こうと思ってたんだけど、コレ雅耶が鈍感すぎだって!!
アカンやつや。やっぱり没ネタですね~。(汗)
今度は違うシチュエーションで二人を対峙させてみたいですね♪
(…まだやるんだ…?(笑))



月だけが知っている 後編
『月だけが知っている 中編』の続き
【プリズム!】パラレル?、没案?
[登場人物]夏樹、直純




夏樹はフラフラと自宅のアパートまでの道のりを歩いていた。
頭がガンガンする。

(何で『好き』な気持ちだけじゃダメなんだろう…)

自分が雅耶を好きな気持ちは変わらないのに。
本当は、それだけで十分な筈なのに…。
なのに、何故…こんなにも胸が痛むのだろう?
(早乙女さんは、女の自分から見ても本当に魅力的で…)
到底、かなわない。
自分は、あんな風にはなれない。
未だに中途半端で、男勝りで、気も利かなくて…。
どうしたって、劣等感しか感じなくて。
(当たり前だ。お前はこの前まで『冬樹』だったんだから…)
雅耶だって、あんな人に好意を向けられたら嬉しいに決まってる。
どう見たって、お似合いの二人。

(胸が、痛くて苦しくて…)

こんな自分は嫌なのに。
こんな弱い自分なんて、いらないのに。

何故か涙が止まらなかった。



直純は夏樹の姿を探していた。
店を出て、わりとすぐ追い掛けた筈なのに既に夏樹の姿は周辺にはなく。
店のある駅前裏通りを抜け、既に住宅地へと入って来てしまった。
静かな住宅街は、人通りも少ない。
月明かりに照らされて電柱の影が寂し気な道路に伸びていた。
その先の薄暗い場所に、人影が見えた。
電柱に手をついて俯いている、後ろ姿。

「夏樹…?」
直純は傍へと駆け寄ると、その細い肩に手を掛けた。
途端に、ビクリ…と震える身体。
「…大丈夫か?どこか具合が悪いのか?」
優しくその背を支えるようにすると。

「…なお、ずみ…せんせ…?」

ぼろぼろと涙で頬を濡らす夏樹がそこにはいた。
肩を震わせて明らかに泣いていたのだが、夏樹はゴシゴシと涙を拭うと。
「どう、したんですか?こんな所まで…。私、何か…忘れ物でも…?」
まるで口調は至って普通に、何事もなかったかのように振る舞う。
だが、それでもこらえきれない涙がまた一筋頬を伝っていった。
「夏樹…」
「すっ…すみませんっ。ちょ…っと、…っ…私、」
顔を伏せて涙を必死に抑えようとする夏樹。
その小さく震える肩を見ていたら、たまらなく切なくなって、直純は自らの拳を握りしめた。
そして…。

「夏樹」
「…っ…?」

ふわりと…自らの腕の中へと、その身を抱き締めた。
「…夏樹は何もかも我慢し過ぎだよ」
「……っ…」
「夏樹がまだ『冬樹』でいた時から、俺はお前が夏樹だと気付いてた。でもお前が、すごく一生懸命だったから敢えて気付かない振りをして見守ることに決めたんだ。でもな、夏樹。誰にも頼らないのが『強さ』じゃないんだよ。弱い所は、人間あって当たり前。それを認めることも大切なんだ」
「…先生…」
「それに、たまには誰かに頼ったって罰は当たらないよ。俺の胸じゃ頼りないかもしれないけど、お前を支えること位は出来るよ」
「…直純せんせ…っ…」

震えながら再び泣き出した夏樹を。
直純は愛し気にその腕の中に優しく抱き締めるのだった。



コレ没ネタであり、架空のお話なので!(そこ重要!!)
こんなのも良いなぁとか、ちょっと思って書いちゃった系。(笑)
ある意味、問題作デスかっ!?

月だけが知っている 中編

『月だけが知っている 前編』の続き
【プリズム!】パラレル?、没案?
[登場人物]夏樹、直純、雅耶、薫




フラフラとお店を後にした夏樹を直純は心配げに見送った。

今日の夏樹は微熱があるようだった。
いつもと様子がおかしいので額に手を当ててみたのだが明らかに自分と比べて熱かったのだ。
だが、それ以上に何処か思い詰めた顔をしていたので大事をとって上がらせた。
でも、夏樹の不調は今日に始まったことではない。
この数日間で日に日に体調を崩していってる…直純の目にはそう映っていた。
(今日は、いつになく調子悪そうだった…)
一人で帰れるだろうか?それさえ、心配になる程に…。
だが、客席の雅耶を見ても夏樹が上がったことさえ気付いていないのか、隣の席の薫と楽しそうに会話している。

(雅耶の奴、いったい何をやってるんだ…)
誰よりも彼女のことを大切に思っているんじゃなかったのか?と問いつめてやりたくなる。
ミーティングに参加するのは仕方のないことだ。
だが、夏樹の働いているこの店で毎日のようにこんな状態を見せつけるのは、いかがなものだろうか…と思う。
明らかに無理している夏樹を見ていると、己の中に何とも言えない気持ちがわいてくるのを直純は感じていた。
(いい加減、夏樹の気持ちに気付いてやらないと可哀想だぞ。雅耶…)
お前が、そんなことだと…俺は……。

どうしても夏樹のことが心配になった直純は仁志に相談を持ち掛けた。
「なぁ、少しだけ席を外しても良いかな?」
明らかに夏樹を心配しての言葉と受け取った仁志は、
「今は空いてるし、もうピークも過ぎた。心配なんだろう?…行ってやれよ」
何もかもお見通しの友人の言葉に。
直純はニッコリと笑うと。
「サンキュ」
と、すぐに店を出て夏樹のあとを追い掛けるのだった。



ありゃー、また続いてしまいました。
終わらなかったので中編にしちゃった。
夏樹を心配する直純。
次回は後編…で終わるといいな。(苦笑)
お金がたまるポイントサイトモッピー