Cafe & Bar ROCO
書きたいことを徒然なるままに…

プロフィール

龍野ゆうき

Author:龍野ゆうき
複数の小説サイトで執筆活動をしています。こちらでは小説の番外編や小ネタなどを置いています。創作意欲の発散場所。または、ネタ帳とも言う。(笑)



最新記事



月別アーカイブ



カテゴリ



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



ライバルは…

【ツインクロス】【プリズム!】後日談、番外編
[登場人物]夏樹、雅耶、冬樹




「二人とも凄い気迫だねっ」

夏樹が圧倒されながらも感心するように手を叩いて言った。
「本気で戦ったら良い勝負なんじゃない?」
その言葉に息を整えていた冬樹と雅耶が笑いながら言った。
「いや、段持ちの雅耶には敵わないよ」
「なーに、謙遜するなよ。冬樹の方が実戦で経験積んでるだろ?敵わないって」



並木と仕事を共にしている冬樹が、時々野崎の家に帰るようになったある日曜日のこと。
珍しく偶然休みが重なった夏樹と冬樹と雅耶の三人は野崎の家のリビングで会話に花を咲かせていた。 

冬樹と再会した時の話などを振り返っているうちに、流れから格闘技や空手の話になり、何故か雅耶と冬樹で組手をしてみようということになった。
そして庭に出た雅耶と冬樹の二人をリビングから見ていた夏樹がこぼした言葉が文頭のアレである。


「ふゆちゃんは、九十九[つくも]さんが師匠なんでしょう?凄いね。その格闘術は空手なの?」
「僕の場合はわりとまぜこぜだよ。雅耶のは正統派だよね。やっぱり全然違うもの。形が綺麗だよね」
「そうかな?まあ、お前達がいなくなってからもずっと基本からみっちりやって来たけどなぁ」

お互いの力を認めながら語る二人を、夏樹は微笑ましそうに見ていた。
やはり、見せ掛けだけだった自分とは違い二人は強くて逞しくて、何より格好いいと思った。
「良いなぁ。私も強くなりたい」
思わずこぼした呟きに、ぎょっとした二人から速攻ツッコミが入る。

「おいおい、夏樹はもう良いよっ。これ以上強くなってどうすんだって」
「そうだよ、なっちゃん。なっちゃんは女の子なんだから…」
「えー。だって、女だって強い方が良いよ。何かあったときの為にはさ。自分の身は自分である程度守れないと…。二人だって強くなる為に沢山鍛えたんでしょう?何か目標とかってあったりしたの?」

その何気ない夏樹の言葉に。
雅耶と冬樹は顔を見合わせると。
それぞれ同時に口を開いた。

「「打倒!直純先生!!」」

「…かな?」
「…だなっ」

二人から思ってもみなかった名前が出て来て、夏樹は「へぇー」と感心するのだった。



前にこちらで書いた『あの子の好きなひと』の延長線上にあるお話って感じで。
夏樹がカッコイイと言った直純に、ずっとライバル心を燃やしていた二人…とかね。(笑)
日付が変わるだいぶ前に書き始めたのに何だかんだ入って遅くなっちゃった。(泣)
このオチない文にどれだけ時間掛けてるんだか…。
毎日更新するのは夢のまた夢ですな~

モッピー!お金がたまるポイントサイト
スポンサーサイト

続・刹那の憎悪

刹那の憎悪の続編
【ツインクロス】【プリズム!】後日談。番外編
[登場人物]夏樹、唯花



「嬢ちゃん、悪いがちょっと顔貸してもらおうか」

夏樹が一人で歩いていると路地の横から数名の柄の悪い連中が一斉に出て来て取り囲まれた。
声を掛けてきたゴツい男が多分、その中のボス的存在の奴だと夏樹にはすぐに判った。
だが、どうしても絡まれる心当たりがない。

(見たこともない連中だな。年齢も少し上っぽいかな?)
明らかに高校生ではない貫禄の者もいる。
(…絶対知らない奴等だ。何でだろう?) 

夏樹が冷静に取り囲んでいる面子を伺いながら考えていると。
「ある女に頼まれたんだ。少し位乱暴にしても構わないから連れてこいと、な。だが、声を上げたりせずに素直に言うことを聞きさえすれば、とりあえず手荒な真似はしない」
その男が有無を言わせぬ眼力で夏樹を見やった。

「…女?」

尚更、心当たりがない。
「人違い…とかでは?」
とりあえず、穏やかに聞き返すと。
「いや、アンタだよ」
と、逃げられないように腕をガッシリと掴まれた。


不穏な空気を感じながらも、夏樹はとりあえず大人しく連れられて行った。

(こんな連中に命令出来る女なんて…。いったい誰なんだろう?)
どうしても分からなかった。
『冬樹』であった頃ならいざ知らず…。
そもそも『夏樹』として関わった人物など、未だ僅か数える程しかいないのだから。
(考えられるのは…。高校?か?) 
自分が知らなくても女子高に通っている以上、学校には確かに女が大勢いるが。
(でも別に目立たず大人しくしてるし…。いや、そうでもないか…)
自信がなくなってきた。
だが、とりあえず会ってみないことには分からない…と、夏樹は腹を括った。


「例の女、連れて来たぜ」
「そう。ありがと」
小さな部屋で一人待っていた女、唯花は振り返ると鮮やかに笑った。
「どうだった?少しは怯えて泣いたりした?」
「いや…。あの女、相当肝据わってるぞ。俺等が出て行っても動揺すらろくに見せねぇ」
実際、只者じゃない。見た目通りのただの可憐な少女ではないようだ。
男はそう思っていたが、特に何も言わなかった。
「そう。つまらない子。少しは泣き叫んだり怯えたりすれば、こちらの気も晴れるのに…」
唯花は口を歪めて小さく笑うと、立ち上がった。



あ、続いちゃった。
それに日付変わっちゃったし。(泣)

お金がたまるポイントサイトモッピー

あの子の好きなひと 後編

【ツインクロス】過去、幼少期。番外編
[登場人物]冬樹、雅耶、夏樹



夏樹のことが好きだという雅耶と、実際夏樹は誰のことが好きかという話になった。

「なっちゃんに聞いてみた方が早いんじゃない?」
「いや、まぁそうなんだけどさ…。すごく知りたいけど、コワイっていうか…」
「うーん…」
好きな人がいない冬樹でも、その気持ちは分かる気がした。
冬樹は「なるほど」…と頷いた。
「でもさ、もしなつきに聞いてみても『ふゆちゃん!』ってこたえそうでイヤなんだよなー」
「…えっ?」
拗ねるようにこちらを見てくる雅耶に冬樹は驚きの表情を見せた。
「兄妹なんだから、それはふつうだろ?でも、まさやが言ってるのは、そういう好きじゃないでしょ?」
「そうだけどー。本気でそう言いそうなんだもん。おまえたち、本当に仲良すぎるしー」
恨めしそうに見てくる雅耶に、冬樹は苦笑を浮かべた。

実際、そう言われるのは悪い気がしない。
冬樹は本当に夏樹のことが好きだったし、夏樹がそう言ってくれたら、きっとこの上なく嬉しい筈だ。
でも、それは雅耶にしても言えることだろう。
自分たちは、いつだって兄妹のように三人でいたのだから。

「でも、それ言ったらなっちゃんは、まさやのことだってぜったい好きだよ」
フォローの気持ちも勿論あるが、本当にそう思ったので素直に冬樹は言った。
「…そうかな?」
「そうだよ」
少しだけ機嫌が直った雅耶に、冬樹は笑顔を浮かべた。
その時。

「ねー、二人でなに話してるの?」

噂の張本人。夏樹がやって来た。
「あ、なっちゃん」
「わっ…なつき!」



「え?すきなひと?」

突然の質問に、夏樹は首を傾げた。
目の前でわたわたしてる変な雅耶と、にこにこ顔の冬樹。
二人の顔を交互に眺めながら…。

「うーん?ふゆちゃんも、まさやも大好きだよ?」

「「えっ?」」
嬉しそうな顔の二人を他所に。夏樹は「おとうさんも、おかあさんも好きー。あとねー」とか嬉しそうに指折り数えている。
「ちょ…ちょっとまって!なつき、そういう好きじゃないんだっ」
どんどん知り合いの名前が出てくる夏樹に、待ったをするように雅耶が言った。
「そういう好きじゃないって…なに?」
本気で分かっていない様子の夏樹に、苦笑を浮かべながら冬樹が説明する。
「あのね、なっちゃん。ボクらが聞いてるのは、『れんあい』の好き…なんだ」

「れんあい…?」

本気で考え込んでいる夏樹に、冬樹は助け舟を出した。
「じゃあさ、なっちゃん。なっちゃんがカッコイイなぁって思う人はだれ?だれかいないかな?」
「かっこいい人?いるよ!」
この質問なら、素直な夏樹の気持ちが聞けそうだ。
冬樹と雅耶は顔を見合わせると、頷いた。
「だれ?だれがカッコイイとおもうんだ?なつき?」
焦りを見せる雅耶と、静かに答えを待つ冬樹に。
夏樹は「それはだんぜんっ!!」と人差し指を立てて嬉しそうに笑った。
「「…だんぜんっ?」」

「空手のなおずみ先生だよー♪」

その、思わぬ強敵の登場に。
雅耶も冬樹も石化するのだった。




にゃはは。夏樹の初恋のお相手は「もしかしたら直純」説。(笑)




あの子の好きなひと 前編

【ツインクロス】過去、幼少期。番外編
[登場人物]冬樹、雅耶



「オレ…実は、なつきのことが好きなんだ」

不意に緊張気味に話し出した雅耶の、その思わぬ内容に冬樹は面食らった。

「えっ?そうなの?まさや。それって、もしかして『れんあい』なイミで?」
「うん…。なつきにはナイショだぞ」

頬を染めて恥じらう幼馴染みに。
やはり、身体つきも自分たち兄妹より一回りも二回りも大きな幼馴染みは、そういう心の面でも先に大人になって行くのだろうか。
冬樹は、ほんの少しだけ置いてけぼりを食らったような気持ちになった。
だが、何より相手は自分の妹である夏樹だ。
ここは相談に乗ってあげるべきだろう。

「それって、まさやの『はつこい』?」
「モチロン。こんな気持ちになったの、オレ初めてだもん。ふゆきは?そういう人いないの?」
普通に聞かれて。
「いるわけないよ。だって、まだよく…分からないもん」
「…そっか」
だいたい、いつも雅耶と夏樹と自分の三人でいるのだ。他の人に目が行きようもないような気がするのだが。
(ボクもなっちゃんのこと大好きだけど…。でも、そういうのとは、きっと違うんだろうな…)
やはり良く解らなかった。

「でもさ…なつきは?だれかのこと好きだったりするのかな?ふゆきはそういう話とか聞いたことない?」
「ええっ?なっちゃんのッ?」
聞いたことは勿論、そんな人がいるなんて考えたことさえなかった。
「うーん…。どうだろう…?」
大切なあの子に、そんな人がいるのだろうか…。
何だか聞くのがこわいな…と思う冬樹だった。



ちびっこ時代の恋バナ。(笑)
次回、後編に続く~♪





報復の魔の手 後編

【ツインクロス】【プリズム!】後日談。番外編
[登場人物]夏樹



薄暗い倉庫内。
目隠しを外されると、夏樹はぼやける視界のままに周囲を確認した。

「ふゆちゃん…。ふゆちゃんは何処っ?」

必死に兄の姿を探す美しい少女の様子に、男たちはニヤニヤ卑下た笑いを浮かべた。
「焦るなよ、お嬢ちゃん。お兄ちゃんなら、これから来るからさ」
「そうそう、あんたを助けに…ね」
制服のまま床に座り込んでいる夏樹を取り囲むように、五人の男たちが見下ろしている。
「アイツらには大きな借りがあるんだ。悪いがあんたを有効活用させて貰うぜ」
「……っ」

夏樹は現在の状況を把握するために、頭をフル回転させていた。

こいつらは、どうやら並木や冬樹に恨みを持つ者たちらしい。
(ヤバいな…失敗した。私が捕まったことで、ふゆちゃんたちを不利な状況にしちゃったみたいだ…)
バイトが終わって家へ向かう途中、突然後ろから突き付けられた拳銃。
偽物かな?とも思い、一か八か暴れて抵抗してやろうかと思った所で、「兄貴がどうなってもいいのか?」…という脅しの言葉に思わず動きを止めてしまった。
確かにふゆちゃんは、今危険な仕事を手伝っている。
きっと、様々な恨みつらみをその身に背負ってしまっているに違いない。
これについては全てが逆恨みだけれど、だからこそ、こういうこともあるのかもと思ったのだ。

(だけど…逆に自分のせいで、ふゆちゃんたちを危険な目に合わせるのだけは、絶対イヤだっ)

何とか抜け出してやる。夏樹は意を決した。
幸いなことに、男たちは夏樹を普通のか弱い女の子だと思っているらしい。
手足を縛られたりはしておらず、身動きは何も制限されていない。

(気をつけなきゃいけないのは、さっきの拳銃…)

こいつらが、どんな集団かは分からない。
もしも、組関係や何かだとしたら、それが本物だということも有り得るのだ。

(でも、逆にあれが本物なら、尚更このまま大人しく言うことを聞いてる訳にはいかないっ)

「それにしても、あんた綺麗な顔してるね。兄貴は双子なんだろ?やっぱり似ていたりするのか?」
一人の男が膝をついて夏樹の顔を覗き込んで来た。
どうやら、素性を調べただけで冬樹の顔までは知らないようだ。

(…そんな面識さえない奴に、ふゆちゃんを恨む権利なんかない)

夏樹は俯いたまま口の端に笑みを浮かべると、拳に力を込めた。



肝心なところは逃げちゃいました。(苦笑)
この後、夏樹が例のごとく大暴れします。
その辺も、またの機会があれば書くかもです~